.entry-content p{ font-size: 90%; margin-bottom:1.5em;
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バックハグされたいジャニーズWEST3選




これですか?まあ実際これやられたんですけどね?まじしげちゃん担には申し訳ないと思ってる(夢の話です)(知ってた)。めっちゃくそ可愛かったんですわ!?!?!??そこで私は気づいたんですよ。自分はバックハグされたい願望強いんだなと。


そこでバックハグされたいジャニーズWEST3選やらせていただきま〜す!!!先日の妄想記事書いた次の日はすこぶる気持ちが穏やかだったので、接客業をする人は妄想してから就寝することをオススメします(何の話)普段イラッとしてしまうことでも(´∇`)ハハッって感じでやり過ごせますよ。………ほら、そこのあなたもこっちの世界に来ちゃいなよ(ヤバイ)





No.1 桐山照史




友達に誘われて参加したBBQにたまたま居たのが3つ上の桐山くんで、人見知りだからなかなか輪に入れず、この状況から逃げ出すために1人河原でスイカを冷やしに行くとさっきまでみんなとわいわい話してたはずの桐山くんが小走りで来て、初対面なのに「なあなあ!〇〇ちゃんやんな?」と名前を把握してくれてて「今から焼きそば作んねけどめっちゃ量あんねん!!お願い!人数足りひんから一緒に材料切ってくれへん??」って言ってナチュラルに輪の中に入れるように誘ってくれたのがきっかけでみんなと仲良くなれてその後もたびたび集まる仲に。その日は遊園地に行くことになりいろんなアトラクションを回ってたんだけど、人混みでみんなからはぐれそうになった時に急に誰かに腕を掴まれてそのまま人混みを抜けるとそれは桐山くんで「めっちゃ人多かったなあっこ!!!〇〇ちゃんちっこいから迷子なったらアカンと思って連れ出してしまったけど結局俺ら迷子やんなww」って笑いながら言ってくるので"確かにwてかちっこいは余計です!!"って言ったら「ごめんごめん!www……………でもさ…ほんまはちゃうねん、おれ…ずっと〇〇ちゃんと2人になりたいなって思っててわざとはぐれてん」って言うから"またまた〜!そんな人をおちょくって!おもしろくないですからね?そのボケ!w"って言って後ろを向いて歩き出そうとしたら後ろから急に抱きしめられて「ボケちゃうしっ……。おれ、BBQで初めてあった時から〇〇ちゃんのこと……気になってて…それで勇気出して声かけてんで?……俺のこと、友達やなくて男として見てくれへん?」って言われて桐山くんを友達から彼氏に昇格させたい









No.2 藤井流星




私が行ってるバイト先の先輩の流星くん(流星って呼んで!って言われたけど先輩なので流星くんと呼んでる)はあの容姿だから居酒屋なのにお客さんから指名が入る程の爆モテでもちろん従業員の女の子からも人気なんだけど、そんな爆モテなのに生粋の天然なので自分がモテてる自覚はなく性格までよくて誰にでも平等に接してくれるし、入ったばっかでまだ馴染めずにいる私にも話しかけてきてくれてそんな流星くんのことが少しずつ気になりだしてきてたんだけど、ある日流星くんと2人でラストまでやる事になり、閉店後後片付けをしてる時「は〜めっちゃ疲れたな今日!お客さん多ない!?」"わかります〜。でも流星くんは指名が入るから余計w"「そやねん!そろそろ指名料金制度作ってもらわなあかんわ〜」"絶対作ってもらった方がいいですよそれ!w"とかいう会話して、片付けが終わって帰り際に「〇〇(苗字呼び)って家どこなん?」と聞かれ教えたら「あ、まじ?俺んちと方向一緒やん!一緒に帰ろうや!」と言われ向こうはなんと思ってないとはわかっていながらもドキッとしつつ一緒に帰ることに。歩きながらたわいもない話をして笑いあっているとあっという間にうちの近くまで来てしまい、"うちここ曲がってすぐなんで……ここで!"「そっか、もう着いたんか……んじゃあ〜俺、あっちやから……気ぃつけてな?」"はい、ありがとうございます!お疲れさまでした!"と言ってうちに向かって歩きながら、もっと一緒にいたかったな…なんて思ってるとさっき別れたはずの流星くんが走ってきていきなり後ろから抱きしめられ驚いていると「ごめん、なんかもっと一緒にいたいなって思ったら体が勝手に動いてもうたw」って言うから"えっ……"って言ったら「俺アホやけど自分の気持ちくらいはわかんねん。………俺〇〇ちゃんの事好きやわ」って低めのトーンで(しかも下の名前にちゃん付け)耳元で言われ固まっていると「〇〇ちゃんはきっと俺のことなんてなんとも思ってへんやろうから気持ち抑えてたけどやっぱ無理やったわ」と言われて両思いだった事実に泣きたい。ちなみに後々流星くんの家は正反対の方向で私を送り届ける為の嘘だった事を知って確実に堕ちる。








NO.3 重岡大毅




彼氏の重岡くんとついに同棲を始めたんだけど普段は仕事終わって帰ってきても「あ〜だるっ。はよ風呂入って寝よ」とか私がちょっとちょっかい掛けても「ちょっ、だるいわ。今そういう気分ちゃうねん」とか言ってめちゃくちゃ淡白で全然相手しくれないくせに休日前になるとスイッチが切り替わるらしく、帰って来るなり「ただいま〜〜〜やっと1週間が終わった〜〜〜休みや〜〜〜〇〇(下の名前)〜〜〜1週間頑張った俺褒めてぇや〜〜〜」と夕飯の支度をしてる私の後ろから抱きつきながらめちゃめちゃ甘え声で言ってくるから"おかえりしげ〜。はいはいよく頑張りましたね〜よしよし"と軽く頭をポンポンして軽くあしらったら「え、なんなん!?自分冷たない?彼氏が疲れきって帰ってきてんのに!!」と騒がれ"だって!!しげがいつも私にそういう態度とってんだからね!?だからしかえしですぅ〜"と言い返したら「しゃーないやんけ!!!仕事から帰ってきてまた次の日仕事行かなあかんねんから!!!」"それはそうだけど!………せっかく一緒に暮らしてんのに……何も無いなんて寂しいじゃん!私にもっと甘えてよ!疲れ癒させてよ!"とキレ気味に言ったら「……ごめん、俺の都合のいい時にだけ行ってお前の気持ち考えてへんかった…」と言って前から優しく抱きしめられ耳元で「……これからは毎日癒してもらうから……お前が言うたんやからな?……知らんで?」とちょっと抱きしめる力を強くしながら言われその後毎日起こる事を想像して心臓を爆発させたい





今回は心を鬼にしてガチめにバックハグハグされたい人選抜させていただきました!!!ごっつぁんです!!!しげちゃんに至っては既に経験しちゃってっから妄想がスムーズスムーズ。(夢の話)(2回目)終着点バックハグじゃないしね!?もはやそんなことはどうだっていいんだよ!!!!楽しければ!!!!なんだって!!!!


こちらからは以上です!!!!!