.entry-content p{ font-size: 90%; margin-bottom:1.5em;
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風邪を引いた時に惚れさせられたいジャニーズWEST3選


なぜこんなテーマを掲げたかといえばあんま大きい声で言うことじゃないけど自分が絶賛体調不良だから(寝ろ)………なんでなんだろうな………昨日半袖で寝るような季節先取りしちゃったせいかな…………それとも地元の店で24魂の予約がまだ始まってなかったせい?(責任転換)………今日が休みでよかった………おかげで妄想に専念できるし(反省の色ゼロ)



妄想することによって体調の悪さをプラスに変えてこ!!!(ガッツポーズ)(意味不明)





それでは参ります、風邪引いた時に惚れさせられたいジャニーズWEST3選〜〜〜〜〜






No.1 重岡大毅




この日は彼氏の重岡くんの仕事終わりにご飯に行く予定だったので、仕事が終わって「今終わった。どっか行きたい店ある?」ってLINEが来たんだけど体がだるくて寝てて未読無視してたら「おい、未読無視とはええ度胸やな」「とりあえずいつものとこ行ってるで」「遅刻したらしばくで」って続けざまに来てその30分後にようやく目覚めて、やばいと思い急いで電話しようとしたら玄関のチャイムが鳴り、出たらそこにコンビニの袋を手にした重岡くんが立ってるから驚いてる私に「やっぱ調子悪いんやん」って言ってくるから"なんでわかったの?"って聞くと「あほっ何年一緒におると思ってんねん。いっつも"お前どんだけ暇ねん!"ってくらいすぐLINE返してくるくせに既読すらつかんなんて体調悪いか腹減りすぎてぶっ倒れてるかの二択やんw」とかエクボ作りながら軽くばかにしてくるから膨れっ面してたら「とりあえずはよ治し」って薬とポカリとアイスが入った袋を頭にトンって置かれて「今日は大目に見たるけど遅刻は遅刻やからな!次会う時……覚悟しとけよ」って不敵な笑みを浮かべて帰っていくので余計に熱を上げたい









No.2 神山智洋




普段から仲が良い一つ上の神山先輩と忘年会の幹事を任され、2人でビンゴの景品の買い出しをしに行ったら急に気持ち悪くなってきてうぅ……ってなってたら「どしたん?体調悪いん?今日はもう帰ろ?お家送るわ」って言って支えながら送ってくれて家着いたら玄関の前で「ごめん、女の子の家に上がり込むんは気が引けるけどほっとかれへんから上がるな?」って謙虚さ出してくる。その後ベッドまで連れてってくれて「大丈夫か?まだ気持ち悪い?」って聞かれて"つわりかも…"って言ったら「え、ほんまに?……彼氏…おったっけ……?」ってガチめに返されたから"いません…だから神山先輩の子かも……w"って冗談言ったらちょっと動揺しながら「な、何言ってんねん!wそんなん言ってたらあかんで??」って言ってその後ボソッと「だいたい〇〇ちゃんとそんなんした事ないしっ…」って言うから"えっ?"って聞き返したら「いや、こっちの話や!俺ちょっと薬買ってくるから寝とき?」って言われて大人しく眠りにつく。しばらくしていい匂いがして目が覚めると「あ、ごめん起こしちゃった?調子どう?」って駆け寄って来てくれて"だいぶ良くなりました!ありがとうございます!"って言ったら「よかった〜!…ごめんな台所借りたで?俺こんなことしか出来へんけど薬飲むにもなんか食べた方がええから食べれるようになったら食べてな?…ここ、置いとくで?」ってお粥とスポーツ飲料持ってきてくれて軽率にときめいていたら「じゃあ俺そろそろ帰るな?後輩の女の子ん家に長居するのもあれやし会社の誰かに知られて勘違いされても嫌やろうからw」ってちょっと悲しげな顔しながら帰ろうとするので咄嗟に服の袖を掴んだらえっ!?って顔して「……〇〇ちゃん、そんなんされたら俺〇〇ちゃんの先輩でおれる自信ないで……?」って言われて秒で恋に落ちたい







NO.3 小瀧望



小瀧くんとは幼稚園からの幼なじみで、家も徒歩圏内だから社会人になってからも週3くらいのペースで会っては(というか勝手に家に来てる)雑談したり仕事の愚痴言ったりしてるんだけど、この日は仕事中に酷い頭痛に襲われ半日で早退してうちに帰って倒れるように寝ていると階段を駆け上がってくる足音がして何事かと思ったら小瀧くんが息を切らしながら部屋に入ってきて「はぁ、はぁ、なんや…生きてるやん…」とか言うから"は!?何言ってんの??"って言ったら「だって!!仕事終わって携帯見たらおばちゃんからメール来てて〇〇が倒れたって書いてるから!!」ってデカイ声で言ってきて"んなわけw倒れてたら今頃病院っしょ?w"って言ったら「なんやねん!!おばちゃん俺のことおちょくりすぎちゃう?体力ないのにこんなに走らせて!!めっちゃ疲れたや〜〜〜ん俺が寝たいくらいやわ〜〜〜」と終始大声なので"あ〜はいはいすみませんでしたっ。てか仮にもわたし病人なんで声のボリューム調整してもらっていい?"「なんや、俺を呼びたいが為の仮病ちゃうんか!」"誰が呼ぶか!!ツッコミ疲れて余計悪化するわ!!だいたいいつも呼ばなくても勝手に来てるし"「うるっさ!!!こんなにも心配してガンダッシュしてきてくれる幼なじみがいることに感謝せい!!!」とかいう言い合いして「あ〜あ、走ったら腹減ったわ〜これ買ってきたけどこんだけ元気やったら要らんよな〜」と買ってきたバニラのカップアイス(私の好きなやつ)を勝手に食べ始めて「うま〜めっちゃ濃厚やんこれ〜!!」って嫌み満載で言うので若干熱が上がって赤らんだ顔で"ちょっと!!それ私にくれるんでしょ!?何自分で食べちゃっ………"って言ってる途中でスプーンですくったアイスを口に突っ込まれ「ほら、そんなカリカリしとるから熱上がってきたんちゃうん。顔赤いで?」と顔を覗き込まれて頬に手を当ててくるから、幼なじみからの突然の行動にさらに顔を赤くしながらフリーズしていると「何?照れてるん?wおもろ!!wwww」と爆笑されて"ち、違うし!誰があんたなんかに照れるか!!"って訳の分からない自分の感情を制御しながらいつものようにあしらったら急にマジな顔で「他の男にあんな顔見せたらあかんで」って頭にポンっと手を置いて部屋を出ていくので、ただの幼なじみだと思っていた小瀧くんへのほんとの自分の気持ちに気づきたい









きぃ"〜〜〜〜〜〜〜〜〜楽しいな〜〜〜〜〜〜お願いだ、私の為にこれ実写化してくれ!!!!ローンを組ませてくれ〜〜〜〜〜〜(末期)



あとの4人分もやりたいけどどう考えても文字数が多いから辞めるポヨ〜〜〜〜(´>ω<`)





完全に私による私の為の妄想劇場になってしまいましたがご了承ください。